ギャンブルのコツ

・負けないように、を目指す
・条件付けて考える思考
・勝ってても安心しない努力
・引き際が肝心

それでは順を追って説明します。

負けないようにを目指す

万全の状態で運が良くても負けるのがギャンブルです。
あらゆる手段で負けを最小限にすることを考えられない人は向かないと思います。

条件付けて考える思考

これやって置けばああなってた、みたいなものを
後知恵バイアスと言い、その場面では最適な進行をしてても結果に戦略記憶が左右されることです。
なので、これをやったから相手がこうしたと常に考えるべきです。すべて起こった事象以外の想定を考えるべきではありません。
自分の選択に相手の動きが条件付けられてると仮定すればこの後知恵バイアスは回避できます。
代表的なダメなNG例を挙げると、こうすればああなってた、です。それを考えても全く意味がありません。

勝ってても安心しない努力

勝ちが続くとあるときに大幅に負ける事も訪れます。
その時どうすればいいのかというと、ギャンブルそのものを回避する。これができない人間にギャンブルはダメだと思います。

引き際が肝心

勝ちを保持したままゲームを抜けられる人は少ないですが、これが出来る人がメンタルが強い人だと感じています。
勝つまで続けるのではなく、勝ったからやめる、負けたからやめる、常に結果に対して満足しないと、ギャンブルは人同士の戦いではありません。
言うなれば運と己との闘いです。

負けた時はどうすればいいのか

まず負けたらやめてください。ゲームの内容が疎かになりすぎている可能性が非常に高いです。
負けた金額を取り返したとか、
取り返したという思考、そのものが無駄です、今こんな感じと置き換えて欲しいです。
取り返したから満足したってことなんでしょうか、じゃあ取り返したあと負けるんですか、負けたくないですよね。
私はそういう風になったとき今こんな感じと思って運ゲームに向き合います。
時間とお金の損得とゲームの質を切り離せない人には何度も言いますがギャンブルは向かないです。
取り返すまでやるとか、負けたから勝つまでやるとか、勝ちたいから取り合えず勝つまでやる。
これが全部NGです。真面目に言っています。
負けたらやめてください。勝ってもやめてください。
また平常心で勝てそうになったら、またギャンブルゲームをやればよいでしょう。

あとがき{私がギャンブルを本当に本気でやらなくなった理由}

髪の毛も薄くなりましたし尊敬するあの人もほぼ引退して結婚しましたし、
何より時間かかるのでやめられたら人生が豊かになりました。
今は髪の毛は銀髪が混じっていますがフサフサです。

さいごにコツ本当に教えます。

必ず来る負けるタイミングを見極めてそこでストップ、できたら代わりに他の人が負けています。
そしたら₋1500を回避した、すなわち収支で言うと+1500ということになります。
リリジャス

Champ
あれ、後知恵バイアスじゃなくてこれ予測バイアスって未来見えんの?
sou
普通に見えるというか今の延長だから予測はできる
Champ
その抜けたタイミングで永久にやめたら勝ち確じゃん