ムダな時間はないはずです

今日はムダな時間がないということを話します。
是非最後まで読んでくれると嬉しいです。

我々の祖先は遥かに超越して怖い
その中で自尊心を保つのは人生最大の課題である。

ムダな時間は誰にもない

急げと言ってるわけでは無くむしろ逆です。 立ち止まってる人
ただ時間をかけることになんの意味がありますか?

意味は大いにあると言えます

  1. その時間で大量に分析する材料が生まれる
  2. そこから気づくこと発見できることがある

この2点が物凄く後から追い上げるように意味を形成していきます。

時間をかけた挙句結局できなかった、というエピソード、経験はみなさんこれまでありませんでしたか?
それは出来なかった経験に振り分けられると思いますが。その経験には意味ないと思いますか?
別に今どう思ったって大丈夫です。

序盤で挫折してる人は圧倒的に捧げる時間が足りてないです。
もうちょっと四六時中何があっても「それ」のことを考えてるくらい没頭できるようになると世界がまた変わって見えるようになります。

とはいえズボラにやってる人にも生きているだけでも あ、これ「 あの時やったあれじゃん 」という場面が来ます。

ひとつのことにだけ時間をかけること自体普通の人はできないです。
だからひとつのことだけにならないよう工夫しましょう。

人生は決断と時間をかけることの繰り返しです

今の時代って戦争初期とかと比べるとさすがに生きやすい方なんじゃないかと思います。 そんな中で古い人たちは、昔に比べればなんてこと言う人もいるでしょうねw
必ずいるでしょう。
私の祖母もつい最近まで言っていたので。

学生を終えたらコミットできる時間が増えるので学生が辛いって人は最速で辞めてみることをおすすめします。そしたら普通に仕事してみてください。
私は最初にレールをスルーした側の人間なので。
学校で意味不明な運ゲーの呪い聞かされるよりお小遣いでも1円でも貰って稼いでみた方が遥かに有意義なうえ楽ですよ。
その稼いだ1円で仕事させてもらった人たちに言って見てください。
食べ物分けてくれます。
坊ちゃん次もやってくれたら、次はちゃんと、100円やるよ。
ってなるんですよね。他人でも。
これが人間社会の本質であり社会なんです。
社会に守られた方が圧倒的に楽になれる人たちが大量にいます。

兄ちゃん、学校は?
行ってない

これ、これがきて初めて学校に行って来たらいいんじゃないですか。
知らないけど。

ぶっちゃけると義務教育とかはやることが決まってない人専用のレールなんです。

やりたいことがある、夢に向けて手が動いてる人、まったく学業がそれと関係ない人はさっさと遅っそいレールの上なんてちんたら走ってないで爆速200キロくらいで月まで行ってきた方がいいです。
や、もったいないとかムダとか言いたいんじゃないんです。意味ないんです。

東大目指してる人なんてそんな感じです。 
僕も小6のころに友達にいましたが
こうなってあれをやりたいんだ。だから勉強して必ず入る。

これ見てめちゃくちゃすげーって思ったと同時に、自分はクズだなーw
と思ってました。 惨めでしょうがなかったです。
小6で月まで行くような覚悟決めてる人が隣にいて、自分は何も決めてないんですよ。
今はそれも個々の特徴で俯瞰して見れますけど。当時はその子に圧巻でした。

というかそういう場面に限って自分が惨めで惨めで仕方ないですw
ただ、安いから、国立の学校に行く。やりたいことも特に見つからない。
いつもいい子ぶってるだけの屑でした。

アニキと比較して常に生きてきました。
なにせお母様とお父様と兄貴様の方針なんてものは全くありません。
それもいいとして本当に貧乏だったんで勉強代を私が心配するくらいでした。

私みたいに勉強に執着出来なかった子は結局学業に執念が残ってやることになるし
勉強に興味が沸くタイミングって人によって違いますからね。

この先こういうことも言っていこうかなって思っています。
私のくだらない人生の話聞いてくださりありがとうございました。