心理の種類(AIの種類)

2017年から深層学習(ディープラーニング)のAIが出没して実用化が成功された。

詳しく知りたい方は人工知能の歴史Wikiを見ればわかる。
最近になって囲碁や将棋や麻雀に深層学習が基盤のAIが登場し、研究という分野でものすごく活躍している。
麻雀に参戦している人工知能は面白く、動物の名前が名付けられている。

人工知能である深層学習のAIの説明

生き物の「のうみそ」ニューロンをモデルにしたアルゴリズムという媒体が仕組みで、Pythonというプログラミング言語を使った仕組みで作動する。
基本的に不成功を埋める特質があり、稼働段階初期過程では自ら不成功を求め、それを経験として蓄積させる性質がある。(経験はノードという特有の階層に一時保存されて行きノードから最適な出力に向いたものを出力する)
不成功経験の階層が埋められると不成功の総数が減り相対的に成功の総数が増える。これが機械学習の実態だ。
要約すると経験蓄積装置。

心と理の文字について

英語では心理学のことをサイコロジー(Phychology)と呼ぶ。
logyは{学}
Phychoは{精神}という意味(あまりいい呼ばれ方ではない)

spirit knowledge 精神知識 聖書
soul education 魂の教育 歌
phychology 心理学 言葉

心=心臓の略→肉体に宿る、
精神=神で神という文字一文字で「こころ」や「たましい」と読む。
goo漢字辞典「神」

心理の種類まとめ

  • 「深層」 英名「ディープ(Deep)」表に出ていない無意識で感じている部分のこと
  • 「知覚」 英名「パーセプション(Perception)」第五感そのもののこと
  • 「人格」 英名「パーソナリティ(Personality)」気質、性格、能力の3要素の複合体
  • 「学習」 英名「リーニング(Learning)」行動学オペラント条件付け

最近人工知能で流行りの深層学習

深層心理とは、意識の裏側、表面には表れない無意識の部分やトラウマなどの、深く潜むが普段は 表面化しないものという意味がある。
研究自体は第二次世界大戦中の1940年代から行われていた歴史が存在する。