ネットのリテラシー殺すと死ねの違い

「死ね」は反論しようがない、何故ならただの願い事だから。
この二つの言葉をネットでヒトに対して書き込むことは犯罪として刑を与えたほうがいい、パソコン募集して一週間くらい考えさせるだけでのプチ刑で十分。

なぜこんなにシビアに扱わなければいけないのか、顔が見えないから受け取り側の感情が大きく揺さぶられることになる。どっちを言われても殺される可能性は拭いきれない。
過去の事件で自殺した人もいた。カキコミした側も不安に陥る。
相手の実体が見えないから「復讐されるんじゃないか」とか、「やりかえされるんじゃないか」とか。
誰が言ったのかわからないしそもそも誰に言ったのかもわからない。
だけどちゃんとそいつがそれに対して言っている。意思表示をしている。
死ぬ人がいるのだ。わかるか。相手の気持ちはわからなくても。
この一方的な「殺意」はネットに書くことじゃない。

「殺す」は宣言
「死ね」は願望
みんな書いちゃいけないよ見る人が傷つくから