自信に繋がることをやろう

こんにちは。

「そもそも何かやるにあたって」
プラスで「自信ってどうやって付ければいいの」という問いを再び知る意味を込めて、
自分にも向けつつ書いていきます。

フォーカスはどうすればいいのという人へ。
タイトルの通り自信に繋がることをやりましょう。
大事なことなので2回目いきます。

自信に繋がることをやろう

いきなり僕の話をさせてもらうんですが、僕は人に感動してもらったり役に立つことで喜んでもらうことが好きです。
もうわかると思うんですが人を感動させられたらそりゃあ嬉しいこっちゃないですよね。

どうやって自信に繋がるかは人それぞれだと思いますが。
僕は上のように人に対して貢献できたときに自信が付きます。

だからある意味僕にとって手法は手段でしかなく目的は常にゴールなんです。

新しいぐちゃっとした課題(Issue)を発見した時はチャンスですよね。
明確にIssueが解決したら上手くいくわけですから。

あんまりでも普段生きててIssueとかあんまりないですよ。

ね。

そしたらやぱり盲目になってるゴールの目的よりも(目的になっているゴールへ向かうといいんじゃないかと思います。)

ちょっと日本語が怪しいのはかんべんしてくださいw
こんなですが多少は文章スキルもあるのである程度信用してくれて大丈夫だと思いますが。

それちゃいましたね。フォーカス。

ではでは、どうやたつてIssueを発見していけばIssueは見つかるんでしょうか。
ここまでの話でわかんなかったら何度も読み返してください。
Issue発見からの潰しでイコールが成長と自信に繋がるということです。

Issueがちょうどいいくらいに出る環境に身を置く、もしくは囲まれる、もしくはそれをそばに置くこと。

そしたら心が折れないで解決していければ成長して自信に繋がるのかと思います。

自信に繋がることが見つけられない人はそのIssueを解くことからはじめてみましょう。

あれ?僕ってやっぱり日本語変ですね?w

さんざんこうべを垂れましたが
本を一冊読みきる!! バババン!
オレは(ワタシ)はこの本を読んだから普通の人より詳しいぞ。
これでも自信って案外湧いてきます。
ね。

僕にとっての身近な人のIssueはこれほどにないチャンスだと思っています。

それでは。