赦すと許す

私は謝る人を見るとムカツク。
その人が謝るクセをつけた原因に腹を立てる。
謝ったら何が起こるのか、ただの意思表示でしかない、気持ちの整理のためだけに謝ることは良いが、なんの意味もなく謝ることはおすすめしない。

1回伝わればいい。

で、本題は謝ることによって許される、かもしれないという考え、これに問題がある、許されたら自分の罪を認めないことになってしまう。

ちょっと宗教を齧った人間ならわかる話。
「許す」のと「赦す」は違う。罪を認めてくれるのが赦し、
許すの方は謝る行為に対して認めるときに使う言葉である。
謝罪をみとめるのか、罪という過去をみとめるのか、

「神に赦しを請う」
自分の罪を本当の罪だと神に認めてもらうこと、これこそが許すの字の由来だ、でも日本人は「忘れること」として取り入れた、(謝罪をみとめることは忘れてあげることと同義)
この歴史が如何にアホなのかを物語っている。いまだに日本の検索では頭が悪いものしかヒットしない。

宗教を知らない日本のために英文で簡単に説明させてもらう
許すはその謝る行為をそのものを聞き入れるということ。
赦すはその謝る行為に結び付いた罪(過去)を許して認めるということ。

ここで大事なのは「罪」に着眼すること。

謝罪を許すだけなら罪はどこへ往くのか、
永久に心の中に居すわり続けることになる。

今回覚えて行って欲しいのは最低限この三つ

  • I forgive you. (勘弁する)
  • I accept your apology.(受け入れる)
  • I admit your past. (認める)

超簡単だから覚えて感覚で把握してくれれば幸いだ。

「forgive you」

首絞めてるときに「ギブ」アップサインを出したらこの言葉で許してあげます。

「accept your apology」

渡部さんみたいな「謝罪」会見の行為自体を受け入れます。

「admit your past」

直訳すると「過去」にしたことを認めるということ。

で、謝罪を許してもらって罪に着眼してもらえないと何が起こるか、
罪を犯した人は罪を罪だと認めてもらいたい、ツミダヨとアピールしてる。でも宗教がない日本人は「許すよ。」と片付けて忘れることにする。

罪を許された側の人間はたまったものではない、もう認めてもらえない。放免されない、解放されない。
軽い気持ちで許した人が逆に咎めない罪(ざい)で罪人に変わり果てる、
謝る側の人間が認めてもらいたいのか、忘れたいだけなのか。
これだけで大きく変わる。

許す=容赦する
赦す=容認する

どうしても日本語だけで「許すしてあげる」と言いたいなら一言足りない、
「(過去の罪を)許してあげる」

ここからはちょっと上級編専門用語
「赦す」そのものの英語はabsolve(アブソルヴ)
Weblio/absolve
つまり責務の解放の宣告

責任からの解放
I absolve you from this responsibility

とか

Forgive yourself so absolution

とか
That thing is absolution so forget it.
かなわからんけど、absolveは単体で使うなら動詞だからとりあえずI付けとけばいい

you can absolve your past forget it
過去なら「past」

tion付けたら動名詞で、専門用語ラテン語っぽいとかうんたら

動詞は時制を表すが名詞は時制を限定しない
今言ったというような言い方をしたければ動詞でいい。
許可のcanは未来時制も含まれるから、私が赦してるみたいな言い方よりも
あなたは赦しできます。っていう方がいいかな。

absolveは免除(義務を果たさなくてもよいと許すこと。)(動詞でこれを与えるような使い方)
absolutionは赦免(罪をゆるすこと。)(不可加算名詞で告白までがセット)

私はあなたを赦してる。=absolve
あなたは赦されることができる。= absolution

私が海を渡ることになったキッカケはイラストレーターの方天戟さんの配信でポロっと海外はカナダ確か行ったっけなの一言を聞いたことだ。
たまたま話が転がってきて私も何故か知らないがカナダに行くことになった。
それまでは宗教の話なんて小説程度でしか読んだことがなく、
深くは知らなかった。

謝る時はごめん、がいい、ゆるしてはだめ、ごめんゆるしてもほんとはダメ、
「ゆるして」という言葉は日本では発声してはいけない、赦の意味で使っても違う意味で受け取られる。

犯罪者が言う「許してくれ」は本当に「赦して」の意味じゃないなら刑執行してもしょうがない。
戦国時代に政治の為にしょうがなく暗殺する忍者は。「スマン赦せ」

(ひぐらしのなく頃に)というコンテンツがとてもおすすめで今もテレビでやっているので是非見てみて欲しい、コミックや小説も出ている。
あんまりネタバレできないけど咎赦し編とか罪滅ぼし編とかいろいろあって面白い

英字郎 one the WEB アルク

認める
赦す

漢字/漢和/語源辞典


ポケモンのアブソルとかもこの言葉から来ている。
キリストから生まれた言葉のためあまり好きではないが。